News
お知らせ

外壁塗装を一部だけ行いたい方必見!部分塗装のメリットを解説します

2022.08.03

「外壁塗装をしたいけど、一部だけで良い」
「部分塗装のメリットを知りたい」
こうお考えの方は多いと思います。
今回は、外壁塗装を行う目安や、一部だけ外壁塗装を行うメリットを解説します。
外壁のメンテナンスはつい後回しにしてしまいがちですが、この記事を、外壁塗装をする最初の一歩にしていただければ幸いです。

 

□外壁塗装を行う目安とは?

外壁塗装を行う目安にはどのようなものがあるのでしょうか。
2つの観点から解説していきます。

まず、耐用年数から外壁塗装を行う目安を知れるでしょう。
耐用年数は、外壁材の種類ごとに決まっています。
例えば、トタンは8~10年、スレートは10~15年、セメント瓦やガルバリウム鋼板は10~20年、粘土瓦は30年~が耐用年数です。
しかし、外壁は風雨や地震などの外的要因による影響を受けるため、耐用年数前に劣化することもあるでしょう。

そして、見た目から外壁塗装を行う目安を知れるでしょう。
例えば、塗料が剥がれていたり、外壁を触ると白い粉が手に付いたりします。
また、外壁のひび割れが起きたり、雨漏りをしたりすることもあります。
外壁塗装をすべきかについては、どの症状がどれだけ出ているのかで判断しましょう。

 

□一部だけ外壁塗装を行うメリットを解説します!

それでは、部分塗装をするメリットについて3つ解説します。

 

*一部だけ補修できる!

構造や日当たりによっては、外壁の一部だけ劣化が早いことがありますよね。
部分塗装は、その部分だけを塗装できる点が、メリットです。

 

*費用を抑えられる!

部分塗装は全面塗装に比べて、基本的には費用を抑えられるでしょう。
ただし、一部だけの塗装とはいえ、しっかりと重ね塗りをする必要があります。
また、何度も部分塗装を繰り返し、その度に足場を設置するより、全面塗装にして足場の設置を一回に抑える方が費用を抑えられるでしょう。

 

*塗装の時期をずらすことが可能!

部分塗装をしたところは、次に劣化するときまで塗装の必要はありませんよね。
一度にまとめて塗装をしなくて済むため、一回の外壁塗装の負担は軽くなるでしょう。

 

□まとめ

今回は、外壁塗装を行う目安や、一部だけ外壁塗装を行うメリットを解説しました。
私たちは、耐用年数や見た目から外壁塗装を行う目安を知れます。
メリットは、気になる部分だけ、時期をずらして外壁塗装ができることです。
島原市、雲仙市、諫早市周辺で外壁塗装会社をお探しの方は、ぜひ当社までご連絡ください。