News
お知らせ

外壁塗装の塗料の種類について!失敗しないための考え方もご紹介します!

2022.05.08

外壁が汚れてきて、そろそろ外壁塗装をした方が良いのかと悩まれる方はいらっしゃるでしょう。
塗料に関する情報はネットで得られますが、種類が多くてなかなかわからないことも多いですよね。
今回は、島原市、雲仙市、諫早市周辺で外壁塗装を検討中の方に、外壁塗装の塗料で失敗しないための考え方と塗料の種類を解説します。

 

□外壁塗装において失敗しないための考え方とは?

外壁塗装で失敗しないためには、塗料の種類がたくさんあることの意義について考えることが大切です。
どうしてこんなにも多くの外壁塗装の塗料が存在するのでしょうか。
近年は、商品開発により塗料にも様々な機能を持ったものが製品化されています。
消費者のニーズに合わせた耐久性や機能を持った塗料が作られ続けているため、塗料には豊富な種類があるのです。

外壁塗装において失敗しないためには、それぞれの塗料の性質や用途を考慮して、ご自身の住宅に最適な塗料を選定することが大切でしょう。

 

□塗料の種類についてご紹介します!

ここでは、当社が用いている塗料の種類についてご紹介します。

まず1つ目は、アクリルシリコン塗料です。
光沢感のある仕上がりが特徴で、安価です。
そのため、比較的耐久性が劣ります。

2つ目は、ラジカル制御塗料です。
ラジカル制御塗料は耐用年数が長くて、費用対効果が高いことが特徴です。
大半の塗料が低汚染機能を備えているため、安心です。
壁の劣化につながるようなチョーキングを起こしにくくするだけではなく、防カビや防汚性にも優れています。

当社では、関西ペイントのダイナミックTOPやエスケー化研のプレミアムシリコンなどを用いています。

3つ目は、フッ素塗料です。
光沢感、耐久性、対汚性など、比較的優れた性能を保持しています。

高値であり、頻繁に塗り替えができないマンションやビルなどの建物に利用されます。
耐候性と寿命の長さが証明されており、実際にスカイツリーの塗装にも用いられています。
公共の建物に多く用いられていることは信頼がある証拠ですよね。

塗料は各ご家庭の予算と用途を考慮して、選定をすることが大切です。
当社では外壁に合わせた高品質な塗装を実現いたします。
気になる方は、お気軽にお問い合わせください。

 

□まとめ

今回は、島原市、雲仙市、諫早市周辺で外壁塗装を検討中の方に、外壁塗装の塗料で失敗しないための考え方と塗料の種類を解説しました。
外壁塗装で失敗しないためには、用途に応じた適切な塗料の選定が重要です。
その点を把握して、外壁塗装を実施し機能的な外観に仕上げましょう。