News
お知らせ

家を長持ちさせるために!外壁塗装の最適なタイミングについて解説します!

2022.05.04

マイホームを建ててから外壁塗装を行っていない方は、外壁塗装のタイミングについてご存知でしょうか。
いつが適切なタイミングかわからない方は多いでしょう。
そこで今回は、島原市、雲仙市、諫早市周辺で外壁塗装を検討中の方に、外壁塗装を実施するのに適したタイミングと、塗り替え時期を逃すと生じる事態を解説します。

 

□外壁塗装を実施するのに適切なタイミングとは?

外壁塗装は、家を建ててから年数の経過が経過したり、近隣住宅が塗り替えを行っている様子を見たりすることで、実施することを検討される方が多いです。

一般的に外壁塗装を実施するのに適切なタイミングは、築10年が目安です。
築10年程度で外壁塗装をすると良い理由に関しては、2つあります。

1つ目の理由は、外壁を保護するためです。
塗料を塗って塗膜を作ることによって、劣化した外壁を紫外線や雨、台風などから守ります。
定期的にメンテナンスを実施することで、長期的に守る役割を果たしているのです。
住宅の築年数が5年以上経過すると、防水性が切れると言われています。

そのため、一度外壁劣化の診断を受けてみるのも良いでしょう。

2つ目の理由は、建物の美観を保つことです。
外壁は紫外線や雨などの影響で色あせや塗膜の劣化が見られます。
劣化していた外壁塗膜をきれいにして、新築のような輝きを取り戻せるでしょう。

また、外壁塗装の際に異なるデザインや色味にできます。
今までとは違うテイストの外壁になり、気分転換にもなるでしょう。

外壁塗装は10年程度を目安に実施する方が良い理由をご理解いただけたでしょうか。
外壁の防水性が低下してしまうと、構造劣化に繋がります。
そして、雨漏りが生じる原因にもつながります。
最悪の場合には、住宅の建て替えにまでに発展する恐れもあります。

そのため、定期的なメンテナンスは必要であることを念頭に置いておきましょう。

 

□外壁塗装の塗り替えが必要な時期を逃すとどのような事態に陥る?

塗り替え時期を見逃すと起こりうる弊害としては、
・外壁自体が劣化してしまうこと
・雨漏りが生じること
・見た目が悪くなってしまうこと
などが挙げられます。

このような弊害が生じると住宅全体に大きな被害を及ぼしかねないため、予めメンテナンスすることを意識して、実践してみてください。

 

□まとめ

今回は、島原市、雲仙市、諫早市周辺で外壁塗装を検討中の方に、外壁塗装を実施するのに適したタイミングと、塗り替え時期を逃すと生じる事態を解説しました。
外壁塗装は約10年を目安にして実施すると良いでしょう。
見た目が悪化したり、雨漏りが生じたりするのを未然に防ぐためにも、メンテナンスを行いましょう。