News
お知らせ

事前にトラブルを防ぐために!外壁塗装時の近隣挨拶のマナーについて解説します!

2022.04.30

外壁塗装などの住宅にまつわる工事をする際には、近隣に挨拶をして事前に工事の旨を伝達することが重要です。
予め工事が実施されることを近隣住民が知っておくことで、トラブルが起こる可能性を減らします。
今回は、島原市、雲仙市、諫早市周辺で外壁塗装を検討中の方に、外壁塗装時の近隣挨拶の重要性とマナーを解説します。

 

□外壁塗装時の近隣挨拶の必要性とは?

外壁塗装時には騒音やにおいの影響が近隣住宅に及ぶ可能性があります。
近所の方々に普段と違う車や人の出入りや、影響で迷惑をかけて申し訳ないという心遣いをすることが、近隣挨拶の意義と言えるでしょう。
特に、外壁塗装のような家のリフォームに関しては、おおよそ2週間程度の作業期間を要します。
それゆえ、近隣への影響は少なからずあるでしょう。

実際に、外壁塗装で近隣住民とトラブルになるケースもあります。
近隣に迷惑をかけないために、事前に連絡しておくことは大切ですね。

 

□近隣挨拶時のマナーをご紹介!

近隣挨拶をする際にはマナーを守った上ですることが大切です。
あくまで、近隣の方々に迷惑をかけるということを念頭において挨拶するようにしましょう。
ここでは、外壁塗装時の近隣挨拶のマナーを3つご紹介します。

まず1つ目は、挨拶のタイミングです。
近隣挨拶をするタイミングに関しては、外壁塗装が実施される約1週間前には済ませておくと良いでしょう。
なるべく早めに連絡しておけば、近隣の方々も準備できます。
特に、においに敏感な方や妊婦さんがいるご家庭は、ストレスを感じやすいため、早めに挨拶することに越したことはないですね。

挨拶は直接、土日祝日に行くことをおすすめします。
一般的に時間帯に関しては、10時から17時の間に行く方が多いです。

2つ目は、粗品は豪華でなくて良いことです。
ご自身で挨拶に行く際には、石鹸や洗剤などの安いもので大丈夫です。
あまりに豪華なものを持っていくと、近隣の方がかえって気を使うでしょう。

3つ目は、近隣挨拶は両隣と向かい、裏にすることです。
ただし、工事中に他の住宅にも迷惑をかけることも考えられます。
その場合は、柔軟に挨拶にいくようにすると良いでしょう。

 

□まとめ

今回は島原市、雲仙市、諫早市周辺で外壁塗装を検討中の方に、外壁塗装時の近隣挨拶の重要性とマナーを解説しました。
外壁塗装は事前に近隣の方々に挨拶をして、トラブルが生じないようにしましょう。
解説したマナーを参考にして、外壁塗装を検討してみてはいかがでしょうか。